Madrigal

  • --------  
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2011-12-03  
  • 天然石と言葉



    【ブログ引っ越しのお知らせ】

    これまでのブログを、
    ライブドアブログに引っ越いたします。

    これからは、こちらでブログを更新いたします。
    今までのブログも、ご覧いただけます。

    マドリガル北店のブログ

    今後とも、よろしくお願いいたします。


    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------


    PB180425.jpg


    私の勝手なイメージです。
    天然石って夏が似合う、と思っていました。

    色鮮やかなものは太陽の光が似合うし、
    クリアなものは涼しい気分にしてくれて。

    でも、冬にもいいなと思ったこんなアクセサリーがありました。

    すい込まれそうになったのは、薄く水色がかった石。
    自然に偶然うまれた色。

    惹かれてしまったら、同じ石には2度と出会えない、
    そう思うと少し切ない気持ちにもなってしまいます。

    少し距離を置かれるような、
    はかない感じがするような、
    それがまた寒く冷たい季節にいいのかも。


    そして隣には刻まれたメッセージ。

    言葉は同じでも、感じ方は人それぞれなのではないでしょうか。
    響く部分も違う。今日と明日でも。


    きっとこの2つの要素が合わさったせいです。
    いまとても気になる存在です。


    necklace Jeanine Payer(ジニーペイヤー)



    Jeanine Payerのギャラリーページはこちらです。


    スポンサーサイト

  • 2011-07-17  
  • お気に入りを見つけました

    IMG_8219.jpg

    つい最近北店に届いたダイアモンドがあしらわれたブレスレット。
    レースのデザインになっていてうっとりするほど”可憐”なイメージ。
    本当に繊細で綺麗です。


    そんなブレスレットにレザーのブレスレットを重ねてみました。
    探し物が見つかったみたいに、そうそうこの感じ!って思いました。


    14gold×diamond Bracelet noguchi(ノグチ)
    silver×Leather bracelet Jeanine Payer(ジニー・ペイヤー)

  • 2010-05-29  
  • 大切なこと。

    お客様に出会えたことで、
    ふと、私も思い出すことができました。

    お客様からのメールがとっても素敵だったのでご紹介させて頂きます。
    お客様との出会いは、お持ちのJeanine Payerのネックレスが壊れてしまったと
    お困りのご様子でお問い合わせを頂きました。
    それは、それは、とても大切にされていた一点だったのに...

    『突然付けることができなくなってお修理中のしばしの間。
     あまりにも身につけるのが普通になっていて、
     つい無意識につけようと探してしまう朝もあったり。
     そして、今日のスタイリングの仕上げに彼女が居れば・・・!と
     感じる日も少なくはなくて、
     
     改めて、私にとっての出会いのアクセサリーだったこと
     実感して待っていました。

     不思議なものですね、ほんの小さなひとかけらなのに。

     戻ったら、また新しい気持ちで、大切に使います。』


    特別なモノは、決して値段で決めることはできないと思います。
    “何か”と出会い手にした瞬間から始まり、
    世の中にたくさん溢れているモノの中から
    自分で選び取ったことが大切ではないでしょうか。
    そして、選び取るまでのストーリーも大切にしたいと思います。

    Madrigalでの出会いもいつの日か
    私にとって大切な出会いだったと思ってもらえると、
    やっぱり嬉しいです。
    (ちょっぴり、よくばりかもしれませんが...)

  • 2010-03-08  
  • 柔らかくて、温かいもの。

    年末の催し
    皆さまからお寄せ頂いた心温まるエピソードの数々、、
    今、形になって私たちのもとへ届きました。

    Jeanine Payer Jeanine Payer
    私の中でアクセサリーは、肌馴染みが大切だと思っています。
    (時には、オーバーなくらい派手なモノも必要ですが。)
    ずっと身につけておくモノならなおさら。

    大切な写真と思いまでもをキュッと閉じ込めた世界に一つだけ
    私だけの一点。
    それは、、
    身につけた瞬間、じんわりと私の肌に溶け込むような感覚。

    ずっと昔、どこかで出会っていたような、
    ちょっとした懐かしささえ感じることができました。

    私のもとにあってこそ、そこには意味がある。
    本当に贅沢なジュエリーです。



    こんなメッセージが添えられています。
    love grows love.
    -愛が愛を育む。-


    galleryにて、いくつかご紹介しています。
    Jeanine Payer



  • 2010-01-15  
  • あなたと私と、Jenine Payer

    年末から年始にかけての催しへ
    皆さまから心温まるエピソードをお寄せ頂きました。
    その一部を、、こっそりご紹介。

    Jeanine Payer Jeanine Payer

    お父さんと弟とわたし。
    ご家族3人での写真を使って。

    ふと、お母さまが..写っていないような..。
    「母は、カメラの向こう側にいますょ。」っと。

    写真には、写っていなくても
    お母さまの素敵な笑顔が目に浮かんでくる
    そんな、あったかい一枚でした。


    憧れの場所。
    実は、まだ訪れたことはないんです。
    でも、ずっと憧れていた地。

    空一面の太陽に照らされ、オレンジ色に染まる
    壮大な砂漠。

    -The journey is the reward.-
    ポエムを添えて。


    私の同居人たち。
    今年で9年目になる愛犬と新人のやんちゃ猫。

    後ろを振り返ると、二人見つめあってて..
    思わず、、ドキッ。
    二人にしか分からない会話をしているような
    微笑ましい一枚です。



    世界に一つだけ、私だけのジュエリー。

    胸元でどんな輝きを魅せてくれるのか、
    お届けできる、春が待ち遠しいです。

  • 2009-12-23  
  • やっぱり、ウキウキしますね...

    こんばんは。
    明日は、クリスマスイヴですね。
    特別な予定はないけど、何だかワクワクしてしまいます。

    今日も素敵な光景に出合うことができました。

    Jaenine Payer Jaenine Payer Jaenine Payer
    大切な方へプレゼントを探すシーンは、
    私にとって特別です。

    色々、検索されたり、、
    リングを探して、、
    行ったことない、知らない場所へ、、
    贈る方を思い浮かべて、、

    ずっと身につけてもらえる記念になるモノを贈りたいと。

    キラキラした空気に包まれたように、、一緒に嬉しくなります。


    プレゼントのお返しには、
    満面の素敵な笑顔が贈られることを願って。


    まだ間に合います、プレゼントをお探しの方へ

    WILD SWANS
    Wallet (WILD SWANS) price \19950 >>WILD SWANSの世界



  • 2009-12-22  
  • 甘い香りに誘われて...

    今夜も冷えますね...。
    こんな寒い日は、いつもよりチョコレートの甘い香りを優しく感じます。
    それは、凛とした冬の空気の中だからでしょうか、、でも今日は何か違うような、
    特別にそう感じます。

    それはきっと、大切な人や出来事、心温まるお話をしているからだと思います。


    ♪以前、ご紹介した私の思い出の写真も出張中。
    (from hukuoka)

    そんな魅惑的なジュエリーを
    皆さんにも少しだけご紹介します。

    Jeanine Payer Jeanine Payer
    ハートのモチーフの裏にも細かな細工、トンボ。
    price \126000


    Jeanine Payer Jeanine Payer
    The soul is here for its own joy.
    ~Jelaluddin Rumi

    Jeanine Payer
    大切な写真を世界に一つだけのジュエリーへ
    price \39900

    初めは一つ..

    Jeanine Payer
    オーダーから届くまでの約3ヶ月は、毎日イメージするのが楽しみです。
    私だけのために作られた一点、ちょっと特別な楽しみ♪

    PC220103.jpg Jeanine Payer
    Bookのモチーフネックレス
    \36750


    明日も皆さんの素敵なエピソードお待ちしています。


  • 2009-12-21  
  • あなただけの...

    あなたの中に小さな温もりをほんの一瞬でも
    プレゼントしてくれる、そんな存在。
    それは...
    幼い頃の思い出だったり、
    お子さまやお孫さん、
    いつも変わらない愛情を私に与えてくれる愛犬だったり。
    今も忘れられない風景だったり。

    大切な何かをいつも身につけていられることの幸せ。
    あなたをそっと、支えてくれるお守りのようなアクセサリーをお作りします。

    あなたにもありませんか、大切な一枚。

    IMG_4704.jpg
    by Jeanine Payer

    皆さんの大切な写真を使って
    世界に一つだけの
    とっておきなアクセサリーをお作りしてみませんか。



    どうしても慌ただしい毎日、
    ...息切れしてしまう前に
    ちょっと一休みしにいらしてください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    12月22日(火),23日(水)の2日間
    Madrigal 北店
    12:00-19:30
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    チョコレートを片手に♪
    のんびりしたひと時をご一緒に楽しみましょう。

  • 2009-12-20  
  • Jeanine Payerの魅力

    世界中に数あるアクセサリーの中でも
    深いメッセージ性に溢れているJeanine Payer。
    その世界観を少しご紹介します。

    Jeanine Payer(ジニー・ペイヤー)
    1967年アメリカ・インディアナポリスに生まれた彼女。
    舞台演出を手掛ける母のもと、
    美しいモノや歴史のあるモノ、刺激的なモノと触れ合いながらの暮らし、
    何気ない日常は、今の彼女の魅力の一つでもあります。

    アカデミーで彫刻に情熱を注ぎ、斬新でストーリーのある作品を制作する。
    彼女の作品の一つである、小さな古い赤ちゃんの写真を入れたイヤリングが、
    ショップオーナーでもある友人の目に留まり、自身の寝室の傍らで作品を
    制作したことが始まり。

    職人やスタッフを含めても10人程度の小さな規模ながら
    あくまでも手仕事にこだわり、従来の大量生産型に反して
    工房で一つひとつ手で刻み、手で磨きを掛け、、
    それは、職人の手仕事の結晶です。

    彼女のアクセサリーの中で定番となった手彫りされる“poem~詩”には
    有名、無名を問わずこの世に生まれた先人たちの言葉が綴られています。

    今、この瞬間、あなたの思いや私へのメッセージのような。

    だからこそJeanine Payerが作り出すアクセサリーは、
    人間味に溢れ、シンプルで強く私たちのハートを離さないのかもしれません。

  • 2009-12-17  
  • 温もりを感じること。

    こんにちは。
    年末になり、何かとバタバタしてしまう近頃、、。
    毎日の慌しさを忘れ、ふと今年のできごとや出会い、
    ホッとできることへ思いを馳せてみる、そんな時間も大切にしたいものです。

    最近の私の出来事というと、、
    「祖父との思い出の写真を見つけて懐かしいなと思ったこと。」もその一つです。


    アクセサリーデザイナーJeanine Payer(ジニーペイヤー)には、
    こんなエピソードあります。
    あるハリウッド女優がアカデミーの受賞式へ出席する際、
    娘さんから贈られたJeanineのイヤリングを身に着け登場。
    そこから一気にJeanine Payerのジュエリーは、多くのファンを作る
    きっかけともなったそうです。

    娘さんからお母さんへプレゼントしたジュエリーを
    どんなときも身につけていること、、
    そこにこそJeanine Payerのジュエリーの魅力があるように思います。


    大きなイベント事も重要ですが、、
    日常の中にある、小さなできごとの中にこそ
    大切にしたい温かみのあるエピソードが詰まっているように思います。



    皆さんにもありませんか、心温まるエピソード。


  • 2009-12-14  
  • 昔も今も、そしてこれからも

    love

    祖父の残してくれた一瞬に
    ありがとう。



  • 2009-12-11  
  • 昔も今も、そしてこれからも

    love
    何故かいつも手帳の片隅に、そっと、、

    どこかぎこちない、祖父とわたし。


    いつも見守ってくれているような気持ちにさせてくれる一枚。


    今も凛々しい祖父の姿は、私のお守り。



  • 2009-12-08  
  • 写真という存在

    こんにちは。
    今日も空気が澄み切ったようなお天気です。
    日差しの暖かさに「太陽さん、ありがとう。」と言いたいくらいです。

    突然ですが、、
    皆さんにとって「写真」とは、どんな存在でしょう。
    最近、デジカメやケータイと気軽に簡単にどこでも写すことができる世の中です。
    可愛いデザートをパチッ!綺麗なイルミネーションをパチッ!ペットの寝顔をパチッ!...
    私の勝手なイメージですが、データには残るんですが、、
    どうも心に残らない気がしてしまいます。

    私の祖父は、写真好きでした。
    実家には、祖父が昔撮ったモノクロで大きく引き伸ばした
    海の写真が飾ってあります。
    子供ながらに見たあの写真は、今も記憶に残っています。
    祖父にとって初孫だった私は、兄弟に比べたくさんの写真を残してもらっています。
    1才くらいの頃、黒猫のジジとツーショットの写真は、私のお気に入りです。

    小さくてもフレームに入れて飾ったり、お守りのように手帳に挟んだり、、
    捨ててはいないけど今でもどこかにきっとあると思えること。
    毎日のように目にすること、写真を手に思い出を話すこと。
    そんな「温もり」が私にとっての写真という存在です。


    あなたにもありませんか、大切な一枚が。

  • 2009-12-05  
  • 天然石の魅力

    こんにちは。
    今朝、目が覚めると、、しとしと雨。
    一日雨かな...と思っていたら、アクアマリンの水色のような空へ。


    天然石には、数え切れないほどの素材があります。
    ダイヤモンドにエメラルド、ガーネット、トルマリンetc...

    透明感のある石、明度や彩度の低いもの、
    インクルージョン(不純物)が入ったもの。
    石のカッティング一つで輝き方も変化したり、
    磨くことなく原石のままだったり、、。

    大自然の中で偶然に生まれた輝き。

    私たちを魅了して止まない天然石。

     | トップへ戻る | 

           Copyright 2009 Madrigal co.,LTD.All Right Reserved



    HOME

    Categories

    Monthly

      2009 : 31
      2008 : 78
      2007 : 41
      2006 : 35
      2005 : 27
      2004 : 37
      2003 : 9



    Madrigal(南堀江店) MUSIQUE noguchi line of vision eb.a.gos Madrigal eb.a.gos ムジークのエバゴスにまつわること ka wae wedding punk











    FC2Ad


    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。